移住計画のはじまり

 

どうして鹿児島に移住するのか。

それは、夫の夢だから。

もうちょっと正確にいうと、
「サラリーマンをリタイアしたら、どこか地方で暮らしたい」
という夢を持っていたから。

東京出身の私。
住み慣れた場所を離れて地方に移住することが、不安じゃないはずがない。
それがまして、自分に縁もゆかりもない場所だったら、なおさら。

四十路も過ぎて、長く続けた仕事もあって、
それなりに年を重ねた両親もいて、長女だ。

それでも、この道を選んだのは。



もしも本当に、人生が一度きりというのなら、

できなかったこと、
やり残したこと、
やらなきゃいけないこと、

ひとつずつ、叶えていこう。

これまでの人生で、
たくさんの人に迷惑をかけて、お世話になって、生きてきた。
ひとりひとりにお礼も、お詫びも、できていないから、
まずは近くにいる人から、返していこう。

夫からだ。

「サラリーマンをリタイアしたら、どこか地方で暮らしたい」
そのリミットまで、あと2年。

行き先は、北海道か、長野か、鹿児島か。
40代の頃から抱いていた夢だそうです。

北海道は、

転勤族だった夫が中高時代を過ごした場所。
この土地に惹かれる理由は、圧倒的な自然の中で暮らしたい、それに尽きると言います。

長野は、

東京から近くて、仕事を長く続けるには便利だから。

もちろんそれだけでなく、
冷涼な空気が好き。
八ヶ岳が綺麗。
ヤマメが釣れる。
白樺の林が好き。

鹿児島は、

両親の出身地で、夏休みのたびブルートレインに乗って、祖父母宅へ里帰りした馴染んだ土地。
それに、温泉がたくさんあって、海水浴ができて。
あと、なんか空気感がいい。

十数年来、夫が決めかねていること。

私は直感で、鹿児島がいい、と思いました。
その時の私は、まだ鹿児島には行ったこともないというのに。

私は、北海道も、長野も、好きです。
でも、鹿児島がよかった。

夫を故郷に、帰してあげたい。

私は、優しい奥さんでも、いい人でもありません。
ただのおせっかいです。
迷っているから選んでほしい、なんて一度だって言われていません。

でも、選択肢に自分のルーツがあるのなら。
多分、それが一番しあわせ、じゃないかなって。

そして始まった、私の鹿児島移住計画。

夫に内緒で、こっそりスタートしたのでした。

 

湯之元温泉 そのがしら荘にて(日置市)

Pocket

移住計画のはじまり” に対して1件のコメントがあります。

  1. ちえみ より:

    あっこさん、おはようございます! こちらを読んでこみ上げてくるものがあります。 あっこさんの“おせっかい”は実は鹿児島人が持っている大切なスペックだと思うんです。あっこさんのそれは、きっとこれからの移住生活を助けてくれるでしょうし、夫様だけでなくまわりの身近な人を幸せにする力があるとおもいます。わたしもできればそんな人になりたいんです。ブログ、楽しみにしています*\(^o^)/*

    1. akiko より:

      ちえみちゃん、コメントありがとう!
      初心忘れないために、この記事を書きました。
      今も昔も、不安なことばかりだけど、それを上回るほどのあったかいものを、
      いつも鹿児島の方にはいただいています。
      私はもともと、何かをしたくて鹿児島に行くわけじゃなかった。
      でも今は、出会った人たちと始まる”何か”がとても楽しみです。
      きっとこの先、たくさんお世話になります(笑)末長くよろしくね!

  2. 安達潤治 より:

    明子さんこんばんは、久しぶりにBSで再放送の優美な白無骨な黒!薩摩焼きを見ました、なんと日吉なんですね、スゴーイですね薩摩焼き大好きな焼きの1つです鹿児島移住応援してます。

    1. akiko より:

      安達さん、コメントありがとうございます!
      その番組、私も拝見したかもしれません!
      安達さんに薩摩焼が好きと言ってもらえてとても嬉しいです。
      11月に美山というところで、窯元祭りがあるんですけど、窯元さんたちがろくろ指導してくださったり、あ、私は苦手な手びねり作品体験をしましたよ。散々でしたが(苦笑)
      いつか窯元祭りのタイミングで、遊びに来て欲しいな〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です