●旅するいっぴんいち@新虎通り Vol.2(2019.9.14)

【日本全国津々浦々、その土地らしいモノを、その土地の物語と一緒に】をコンセプトとし、各地からやってきた20店舗/市町村の案内人が、そのモノやまちのストーリーを直接お届けするマルシェ。主役は商品でなく、その町に関わる、商品を紹介するひと

日置市の案内人として、美山唯一の女性窯元である緋色窯さんの「陶器の珈琲サーバー」を紹介しました。
(案内人)
主催:2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合
共催:経済産業省
企画:旅するマーケット事務局、パッチワークス
協力:一般社団法人 新虎通りエリアマネジメント

 

●大名筍まつりin 東京(2017.6〜)

→特設ページへGO!


東京ではほとんど流通していない、鹿児島県三島村・竹島の大名筍を、2017年より東京でプロモーション。離島ゆえなかなかお目にかかれない希少食材を通じて、島の魅力やくらしについて考え、応援するイベントを企画・開催している。
(発起人 / 企画・運営)
共催:NPO法人みしまですよ

 

●美山の朝マルシェ(2017.5.5〜)

鹿児島県日置市、420年続く薩摩焼の里「美山」で隔月第1日曜日に開催。
暮らしの雑貨、木工、アクセサリー、お菓子、フード、コーヒー、美山の野菜やパンなど、丁寧に人の手を介したものだけを、選りすぐって皆様にお届けしているマルシェ。
(実行委員・運営事務局)

 

●第5回鹿児島未来170人会議(2019.1.26)

鹿児島県の人口の0.01パーセントにあたる170人が一同に会し、鹿児島の未来について語り合う場。
東京から鹿児島の薩摩焼の里「美山」に関わる中での気づきを「420年続く美山の薩摩焼プロモーションを考えたい」というテーマに掲げ、課題解決を目指したいと宣言。
(プレゼンター)
主催:鹿児島県
事務局:一般社団法人鹿児島天文館総合研究所Ten-Lab

 

日置市お宝人材発掘講座(2018.7)

日置市在住で地域活動に興味のある方を対象に、地域づくりにおける後継者不足の課題解消に向けて、次世代のリーダー育成講座を実施。
(ネーミング開発)
主催:日置市地域づくり課
運営:合同会社美山商店

 

「甑の話食」〜東シナ海の美しい島、「甑島」をまるごと楽しむ夜〜(2018.10.24)

甑島の食を通し、島で生きる人たちを応援するイベントを東京・日本橋で開催。
(発起人 / 企画・運営)
主催:離島キッチン日本橋店
協力:上甑島地域雇用・移定住対策協議会 Classdo!

 

MBC南日本放送「かごしま暮らし」(2018.10)

鹿児島県への移住・定住を考える方に、“かごしまで暮らす人”の声と“かごしまじかん”を伝えるウェブマガジン。
中野由貴さん
今井朝美さん
市来斉さん
(インタビュー記事執筆)
企画:MBC南日本放送

 

鹿児島移住茶論〜日置市美山地区編〜 in 旅する新虎マーケット(2017.12.2)

鹿児島に移住をしてきた経験者や、これからしようと思っている人のコミュニティ「鹿児島移住茶論」。東京虎ノ門の「旅する新虎マーケット」にて、鹿児島県日置市美山地区への移住をテーマに、美山の中の人(地域おこし協力隊の吉村佑太君 ※当時)と美山に通う人(私)とでトークイベントをしました。
(トークゲスト)
企画:鹿児島移住計画

 

美山web動画プロジェクト(2017.11)

鹿児島移住先として出会った日置市美山へ、広告代理店のクリエーティブプロデューサーだった自分のキャリアを活かして恩返しをしたいとプロモーション動画制作を企画。
美山でものづくりをする人、風景、音などを取材し、日大芸術学部放送学科の星野ゼミ4年生と99秒CMを制作した。
(発起人 / プロデュース)